後悔した予備校時代と操り人形・・いつかは親に本心を話したい

予備校で後悔 受験

なんと・・日本の親は、子供の人権を無視した人がいかに多いか、って気が付かされます。このお話も親から敷かれたレールを無理やり歩まされた人です。

高校時代まで親が決めたレールに従い歩む

私は高校時代に塾に通っていました。

親に勧められた大学に合格するため、学校でいい成績ん取ることができるようになるため塾に通っていました。

その時の話を紹介します。

当時、親に勧められた大学がありました。それは広島大学でした。

小学校の部活から中学校の部活、高校受験、大学受験と全て親が決めたレールに従って歩んできました。

親が決めた道への疑問

親が決めた道には間違いがない、したがうのが当たり前、従わなかったら子供としてありえないと思ってましたし、そう教えられました。

しかしながら、高校受験の時に1つの疑問が生まれました。

それは自分の人生なのに自分かやりたい方ができてなくて、このままだと親の言いなりの人生になってしまうと思ってしまいました。

親が決めた選択肢を選ぶのは自由でない

実際、幼い頃からやりたいことを一切させてもらえてなく、選択肢がいつも親から与えられていました。

それを選択することが当たり前になっていましたし、自由とは親が決めた選択肢を自由に選択するということだと勘違いしていました。

意見は親に行ってはいけないと思っていました。

しかしながら、私はその当時我慢ができなくなっていました。

大学受験をせずに就職をすることで親へ反抗した

その自分が下したある決断は大学受験をやめて就職するということでした。

塾に行っているにもかかわらず大学受験をやめるということは親に申し訳ないと思ってはいましたが、そうでもしないといいなりの人生になってしまうと思ってたので、強行しました。

予定通り大学に落ちた

大学受験は形としては受けたのですが、はなから行く気は無かったので真面目には受けてませんでした。その結果、大学には落ちました。

その後、卒業式の次の日に家出をしました。黙って家出をしました。

家出をして東京へ

行き先は東京に行きました。ずっと憧れで、密かに行きたいと思ってました。

やりたいことをするためにはこうでもしないと無理だと思ってたので家出をしました。

再び連れ戻され浪人生活へ

しかしながら、親に警察に通報されて連れ戻されました。

親の愛情は伝わったのですが、ショックなことがひとつありました。それはものすごく怒られてしまったということでした。

泣いて迎えてくれたり、このような行動をした理由を考えてくれると思ってたし、それを期待していました。

親が理解しなかったので諦めた

ショックすぎてもう諦めて親の言いなりで生きることにしました。

その後、予備校に通い、親の決めた大学に受かるように頑張ることにしました。

しかしながら、予備校に大学の行く気のない自分が行ったところで勉強するわけでもなく、ずっと遊んで時間を潰していました。

志望校ではないが私立大に受かってしまった

その後、1年経って受験の時に大学に受けて結果的に落ちたのですが、私立の大学に受かりその大学に行くことになりました。

結果的に、自分の意思とは裏腹に大学に行くことになり、親の言いなりに見事に従いました。

この経験から、私は後悔したことが2つあります。

親の気持ちとお金と時間を無駄にした

1つ目は、自分のしたいこと、自分の行きたい大学をきちんと親に伝えられずに受験のために通っていた塾を無駄にしてしまったということです。

自分のしたいことをうまく伝えられなかったので塾代が無駄になってしまったのです。

私がしたいこと、行きたい大学を伝えられていればこの無駄がなくなっていたのではと思いました。

また、親も子供のしたいことを伝えてくれれば、きちんと受け止めてくれるし、きっとサポートしてくれると思います。

親に自分の意志を伝えられなかった弱い心

しかしながら、自分は親と意見のぶつかり合いをしたくないがためにずっと逃げていましたし、ずっと親を避けていました。なので親にはきちんと行きたい大学を伝えるべきだと思います。

また、後悔したことの2つ目は、予備校時代に何の意思もなく予備校に通ってしまったということです。

親にお金を無駄に使わせた負い目

予備校代は100万近くかかってしまい、そのお金は多額のお金になります。親も子供にこれまでお金がかかっている中、さらにこれくらいのお金がかかってしまうのは相当の負担になります。

しかしながら、何の意思もなくこの金額のお金を出してもらって予備校に通って勉強するという姿勢は親に失礼だし、時間の無駄だとも思ってしまいました。

予備校時代の1年は相当貴重な時間だし、お金も相当貴重です。私が何の意思もなく予備校に通っている中、私の同級生は大学を楽しんだり、働いていたりしています。

この時間は無駄だし、意思もなく行動するのはもったいないので予備校に行きたいなら、きちんと行きたい大学を選ぶべきであるし、大学に行きたくないのなら大学進学をあきらめるべきで、それを親に伝えるべきだと思いました。私は、予備校時代、塾時代は相当辛かったです。

親も人間・ちゃんと向き合って自分のやりたいことを伝えないといけない

親の言いなりで従うことしかできない自分はおかしくなりそうでした。

一生親の操り人形のままなんだと思ってましたし、それがとても辛かったです。

その経験があったからこそ、私は、親にはやりたいことをきちんと伝えるべきだと思いました。

後々親にやりたいことを伝えたとしても、歳だと取り返しのつかないことになってしまいます。ですので、親にはきちんとやりたいことを伝えて欲しいです。後悔はそれでしなくなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました